カレンダー

 2017年 4月 
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

過去記事 一覧

2015年
01月  02月  03月  04月 
05月  06月  07月  08月 
09月  10月  11月  12月 
2014年
01月  02月  03月  04月 
05月  06月  07月  08月 
09月  10月  11月  12月 
2013年
01月  02月  03月  04月 
05月  06月  07月  08月 
09月  10月  11月  12月 
2012年
01月  02月  03月  04月 
05月  06月  07月  08月 
09月  10月  11月  12月 
2011年
01月  02月  03月  04月 
05月  06月  07月  08月 
09月  10月  11月  12月 

かぼすの里だより〜フジジン通信〜(富士甚醤油 公式ブログ)

フジジンの社員がおすすめレシピや社内での取り組み、会社・地域のイベントなど、日々の出来事をブログでお知らせしていきます。食の豆知識や商品の開発秘話など、役立つ話も掲載。

こんにちは!
Facebookやメールマガジンなどでは既にご紹介をさせていただいていますが、
うまからもやしのたれを使ったこの時期ぴったりなお手軽なレシピをご紹介します(^◇^)

冬といえば鍋が欠かせない時期。
鍋といっても塩味ベース、鶏ガラベース、キムチベースなどたくさんございます。
上記の味とは違う、新しいお鍋が「うまからもやしのたれ」があれば
かんたんに作れちゃうんです。

材料はいたってシンプル。
ご家庭にある余った具材と豚肉だけ!
それらを食べやすいサイズに切り分け、水で湯がいて【うまからもやしのたれ】
を入れて煮込むだけです(´-`*)

しかも、たれを加えるだけなので大人数向けにはもちろん、おひとり様や
少人数でも作れるというところがいいところです。

これから寒くなる時期、ぜひともお試しいただきたいレシピです。
冬の定番品になること間違いなし!

【うまからもやし鍋 レシピページ】

こんにちは! 今年最後の更新はブログからになります。
メールマガジンやfacebook、twitterなど様々な方面で告知を行ってまいりました。

ここではフジジン商品で最も人気があった商品をドドンと紹介したいと思います。
それでは2014年、フジジン人気商品TOP5を発表します(*^_^*)

【第5位】 おさしみ 霧島(あまくち) 360ml



フジジンの醤油の中でも最も甘い「霧島」がランクイン!
とろみのついた濃厚な味わいがお刺身の旨みとよくマッチします。
一度食べたらやめられない甘みが人気の秘訣です☆
年末年始はお刺身を食べる機会も多いと思いますので是非ともお試しください(*^_^*)

【商品ページ】


【第4位】 うまからもやしのたれ 260ml


発売以来口コミで人気の商品がランクインです(*^_^*)
手軽さ、美味しさ、何よりも手ごろな「もやし」というところで
人気がある調味料です。茹でたもやしに和えるだけでおかずが一品できちゃいます。
お子様や辛い食べ物が苦手な人でも美味しく召し上がれるので
是非是非ご賞味くださいませ♪

【商品ページ】


【第3位】 生ぽん酢 250ml


他のぽん酢では味わえない、ゆずのかぼすの風味がお客様から好評です!
特に今の時期がぽん酢がとても欠かせない時期。
鍋の具材とぽん酢の香り、味ともに引き立ててくれる名脇役が第3位です。

【商品ページ】


【第2位 】からあげの素 260ml



今では大分のソウルフードでもある「からあげ」。
お店に負けないくらい、旨みのある味わいはフジジンの「からあげの素」でしかできません!
漬け込んだ後、衣をつけてあげるだけのお手軽調味料です。
おせちに飽きたら唐揚げはいかがでしょうか?!
そんな「からあげの素」が第2位にランクインです(*^_^*)

【商品ページ】



そして2014年もっとも人気だった商品は・・・・?!








【第1位】 とり天の素 260ml


2014年最も人気があった商品第1位は「とり天の素」でした!
お土産でも大人気、一度食べたら忘れられない味わいのとり天。
「とり天」は大分の郷土料理のひとつです。
天ぷらの食感、鶏肉の味わい、これがからあげとはまた違う旨みがお楽しみいただけます。

【商品ページ】

大分の味が手軽にできる、「とり天の素」が栄えある1位でした!

人気商品に共通しているのは美味しさはもちろんなのですが、「手軽さ」と
「フジジンにしかない調味料」のこの2点が特に大きかったようです!
お買い物時の参考にしていただければ幸いです。

来る年も富士甚醤油をご愛顧の程よろしくお願いいたします。
こんにちは! 月は変わって7月、本格的な夏の始まりといいたいところですがまだまだ梅雨模様。夏を実感するのはまだ先になりそうですね(;^_^A

今回のブログは「白だし」を使った夏の旬の料理をご紹介いたします!

7月より大分合同新聞・西日本新聞で「白だし」を使った夏のレシピを公開しております。
今回新聞の一部をこちらでご紹介。




画像は「炊き込みご飯」なのですが、この炊き込みご飯には夏が旬の「タコ」を
使っています(*^_^*)

タコの旬は夏と冬の2回! 
夏のタコは「マダコ」、冬のタコは「ミズダコ」が一番おいしいといわれています。
同じタコでも、種類で旬が違うとは・・・タコ恐るべしですね(゚∇゚ ;)

また、7月2日は半夏生といわれ一年の中間地点に当たるのですが、関西地区では
半夏生の時に「タコ」を食べるそうです。

タコには「タウリン」と呼ばれる成分が含まれおり、この「タウリン」はコレステロール値を下げる効果があるといわれるほどの健康食材としても知られています。
そんなヘルシーなタコを使ったタコメシが、なんと「フジジン 白だし」で簡単に料理ができます!!

タコだけでは味気ないので、これもまた夏が旬の「枝豆」をトッピング。
枝豆は鉄分などの体に嬉しい栄養が含まれています。
タコメシにトッピングすることでたくさん食べることができちゃいます♪
最後に香ばしいいりごまをかければ風味がより倍増!! 
これは食欲をそそること間違いないです!
(むしろ本当にそそるくらい香りがよいのです・・・!)


そんなフジジン流のタコメシレシピは新聞だけでなく、ホームページやクックパッドでも配信中! 
是非ともお試しいただけますと幸いです♪

【たこめし レシピページ】

【クックパッドのページはこちらから】
http://cookpad.com/recipe/2658485

タコメシ以外にも白だしで作る旬なレシピを掲載しておりますので是非チェックしてみてくださいね。
夏はこれから、スタミナをつけて乗り越えていきましょうp(´∇`)q
らっきょうの収穫の時期は6月〜7月がもっともピークです。
今まさにつける準備をされる方もいらっしゃる方もいると思います。
生のらっきょうはすぐ芽が生えてきてしまうので酢漬けにされるのが一般的です。
らっきょうはデリケートな食材なのです。

らっきょう漬けをするときは、いろいろと漬ける方法があってどれが良いのかわからない!
という方も多いと思います。
フジジンではいろいろ実験をし、美味しく漬けれてかつ簡単な方法を発見しましたのでご紹介いたします(*^_^*)

 【初めての方でも簡単! らっきょう酢漬け】
 
初めての方でも美味しく仕上がる簡単レシピです☆
この中の作り方で「お湯に10秒間つける」という項目があります。
こちらについてはよく質問をいただきますが、
これはらっきょうが酢でつけている間に変色しづらくするため、芽がでるのを
抑制する、殺菌するなどの効果があります!
実際につけ始めのころの写真と時間が経過したものがあるのでこちらをご覧ください。







■漬けはじめの頃



■食べごろになったころ(2週間頃)







よく見ると、洗っただけのらっきょうはうっすら色が茶色っぽくなっているように見えます。
お湯につけたものは最初はあざやかな緑色になるのですが
時間の経過で色がおちついてらっきょうの色に戻っているのがわかります。

らっきょうの状態などにもよるので洗っただけのものでもならないときもありますが、
長持ちさせたい等気になる方はお湯につけた方が良いかもしれません♪

既製品のらっきょうはすでに味付けされたもので甘すぎたりすることもありますが、らっきょう酢からつけることで自分好みの味に仕上げることができます。
酢漬けですと漬けた後も長持ちしますので保存食としても活躍です。
また、余ったらっきょう酢はほかの野菜の酢漬け等にも活躍しますので最後まで残らず使えます♪

【余ったらっきょう酢で簡単大根の酢漬け】

フジジンのらっきょう酢は甘さ控えめの味わいなので、昔懐かしい味がするなどお客様から好評をいただいております。
らっきょう漬けもいよいよ後半、ぜひともこの機会につけてみてはいかがでしょうか。
こんにちは、フジジンブログです(*^_^*)
桜の時期は終わり、若葉が薫る季節になりましたね。

お花見をしようと思いましたらあいにくの雨だったりと日に
恵まれなかったスタッフです(/_;)  来年こそは快晴になりますように・・・!

今回は「富士屋甚兵衛シリーズ」の50ml商品にスポットを当てたいと思います。

富士屋甚兵衛シリーズはご存知の方もいらっしゃると思いますが、
大分県産の素材にこだわった商品作りをしている商品です。
ドレッシングやつゆなども、大分県産の素材を使用している地産地消ともいえる商品です(*^^)

味も製作者が満足のいくものになるまでこだわって作っている珠玉の一品です!

その中でもお手軽サイズの「50ml」があります。
こちらも大分県産の素材にこだわっておりますが、手に取りやすいミニタイプ!
お土産などにはちょうど良いサイズになっております。


これまでに販売している商品は
「アイスにかけてみらん?」でネーミングが独特なアイス専用醤油
お餅専用のお醤油「お餅につける醤油」、
これからの時期はお世話になる「冷やっこのおだし」、
スイーツと味噌の調和がベスト!「ハチミツみそ」、
今年新登場の「卵かけご飯のたれ」の計5品が現在も発売されております。

どの商品も共通しているのは「専用調味料」というところです(*^_^*)
小さめのサイズなのでお試しにももってこいですね。

通信販売でも上記5品は販売をしておりますので、
ちょっとしたお土産でも自分へのご褒美などに是非ともご賞味ください☆

最後に新商品の画像が入手できましたのでご紹介♪



うしろ姿だけちょこっと公開、この商品はいったいどのような調味料なのか・・・。
使用用途は・・・、どんな料理とあうのか・・・ 謎がいっぱいの商品ですね(゜o゜;)
ご紹介できるのはここまでですのでこの商品の紹介は後日ご案内いたしますので楽しみにしてくださいね!

それではまた次回ブログでお会いしましょう(*^_^*)/
こんにちは、フジジンブログです!
2月は寒暖の差が激しい日が多かったですね、臼杵の方でも積雪となり雪と格闘しておりました^_^;

さて、2月から臼杵市内では「うすき雛めぐり」が開催されております!
この雛めぐりについてですが、市内には紙で作ったお雛様が飾られています。
お雛様なのに人形ではなく紙で作られています。
その理由としては第14第臼杵藩である稲葉観通の時代【天保の改革】のころ、質素倹約のため臼杵の町の者たちは、「紙製のお雛様」しか飾ることが許されていなかったという、古文書の記述をもとに始まったことが由来とされて現在に至ります。

うすき雛の特徴は大きく2つあり、一つ目は雄雛(おびな)と雌雛(めびな)の柄を合わせて夫婦を表すこと、二つ目は菱餅の段が一つ少ないことです。
ピンクの餅は贅沢品だそうで、そのためうすき雛の菱餅は2段しかないのです。

フジジンのアンテナショップ「富士屋甚兵衛」では雛めぐりの期間中は温かい甘酒の販売を行っております。また、甘酒をブレンドした「こうじソフト」などもございますので是非とも遊びに来て下さいね(*^。^*)
店内には紙雛も飾っております。風情あふれる臼杵の風景をお楽しみください。

【うすき雛めぐりの詳細は下記サイトをご参照願います】
http://www.usuki-kanko.com/

うすき雛めぐり開催期間
2月8日(日)〜3月16日(日)



遠くて甚兵衛まで行けない!という方は通信販売でも甘酒の販売を行っておりますのでご家庭でうすき雛めぐりの気分を味わうのも乙かもしれません(^v^)

【甘酒 500mlストレートタイプ】
http://www.fujijin.co.jp/acc/index.php?main_page=product_fujijin_info&products_id=283

【甘酒 2倍濃厚タイプ】
http://www.fujijin.co.jp/acc/index.php?main_page=product_fujijin_info&products_id=284
今年もあとわずかになりました、この時期は何かと年末年始の準備で忙しい時期ですね。

年末年始と言えば、年越し蕎麦、おせちなど美味しい料理を食べるのが定番!
ですが、一番欠かせないのはやはり「お餅」ですよね(^○^)
お餅は新年にはお雑煮をしたり、鏡割りでぜんざいにしたりなど美味しいレシピが目白押し。
しかし、それでもお餅が余ってしまったらきなこ餅やおしょうゆをかけて食べますが
ご自宅で砂糖醤油を作るにも味が安定しなくてしょっぱくなったり甘すぎたり・・・。

そんな方にお勧めできるのがこの「お餅につける醤油」



お餅につける醤油は、お餅にあわせた塩味、甘みを考えたまさに「お餅」のための
お醤油なのです(`・ω・´)

実際に私も「お餅につける醤油」でお餅を食べてみました。



ちょっとかけ過ぎてしまいました(>_<) 実際はこれよりも少なめの量で大丈夫です。
感想は「ほど良い塩加減と旨味で、ほんのりとした甘さがそれを更に際立たせてくれている」
という感じで、これ一本あればお餅がいくらでも食べれちゃう味わいでした!
つきたてのもっちりとしたお餅でも、焼き目がついた香ばしいお餅でもどちらにも合うのが
また良い感じでした(^v^)

また、この「お餅につける醤油」は50mlで300円(税込)とお試し感覚で手に取りやすいので
初めての方でも手に取りやすいようになっています。

「お餅につける醤油」は普段は通信販売、フジジンアンテナショップ「富士屋甚兵衛」でしか
販売していないのですが、期間限定で大分市内でも販売しています!

販売店舗はこちら

■ トキハわさだ店
■ さんふらわ大分
■ 大分駅

数に限りがございますのでお早目の購入をお勧め致します。
帰省時のお土産等にもぴったりのサイズのですので是非手に取ってみてくださいね(*^。^*)

写真はトキハわさだ店での販売風景になります!



それでは皆様良いお年を・・・!

お餅につける醤油商品ページは下記より
http://www.fujijin.co.jp/acc/index.php?main_page=product_fujijin_info&products_id=606
既にご存知の方も多いかと思いますが、先日「富士屋甚兵衛 ノンオイルかぼすドレッシング」が「ときめき調味料選手権2013」に入賞を致しました。

この「ときめき調味料選手権2013」とは

調味料マイスターが生活者とスペシャリストの視点から、調味料を評価し、審査結果を出品者にフィードバックすることで、調味料の品質向上と露出・販路の拡大を応援する「調味料の日」記念イベントのことです。

詳細は日本野菜ソムリエ協会ホームページをチェック!
http://www.vege-fru.com/agri/project/choumiryo/

さて、この「ときめき調味料選手権」なのですが、2013年度はなんと125点もの応募がありました! その125点の中から候補を絞り込み、絞りこまれた中から更に部門別(に最優秀賞、優秀賞、入賞を決定していきます。

今回「富士屋甚兵衛 ノンオイルかぼすドレッシング」は「野菜を食べよう!サラダ部門」にエントリーをし、最終候補まで残りました(^○^)
この「サラダ部門」の総エントリー数は25品で、その中から最終候補に残れるのはなんと8品しか選ばれないのです。そんな狭き門を突破しただけでもすごいことなのです!

最終結果は入賞と、あと一歩及ばずというところではあったのですが、この「ときめき調味料選手権」をきっかけに購入された方からは美味しいとの評価を頂くことができました!

ときめき調味料選手権の話はここまでに致しまして、この「富士屋甚兵衛 ノンオイルかぼすドレッシング」の魅力に迫っていきたいと思います!

「富士屋甚兵衛 かぼすドレッシング」の一番の魅力はなんといってもこの「かぼす」。
この「かぼす」なのですが、大分県の有名な農産物でスダチ等の仲間の一つです。
かぼすの特徴は、ほど良い酸味、まろやかな甘み、爽やかな香りが特徴的です。
特に甘みは他の柑橘類よりも良いと言われております。



そんないいことづくめのかぼすを使った「富士屋甚兵衛 ノンオイルかぼすドレッシング」はかぼすの酸味と甘みが十分に味わえるすっきりとしたドレッシングです。
ノンオイルドレッシングと言えば酸味が強すぎたり、塩味を強く感じたり・・・とすることがあると思います。
この「かぼすドレッシング」は開封した時の爽やかなかぼすの香り、ほどよい酸味とかぼすの甘みが直に楽しめ、塩辛さを感じることはほとんどございません。

そんな「富士屋甚兵衛 かぼすドレッシング」は、野菜はもちろんのこと、お肉などの肉料理や海藻のサラダなど基本的な料理との相性は抜群!
また、すっきりとした酸味と甘みからポン酢同様の使い方もOK(^○^)

実際に豚しゃぶにこのドレッシングをかけて食べてみましたが、これが豚肉と旨味と絡まってご飯が進む進む。
一度使うとやめられない中毒性を兼ねたドレッシングでもあります!

是非ともこの機会に大分の味に触れてみてはいかがでしょうか。


今年は例年にない猛暑ですが、いかがお過ごしでしょうか。
弊社があります大分県臼杵市では

2013年8月23日【臼杵ふるさと盆踊大会】が開催されました。
 毎年、8月の最終土曜日に臼杵で開催されているイベントです。

弊社も毎年、自社の黄色の浴衣を来て参加しております。
 臼杵の盆踊りの「お夏」「左エ門」皆で踊りました。


惜しくも入賞は逃しましたが、夏の思い出の1つになりました.

夏休みもラストスパート!

皆様お身体には気をつけて、夏の思い出作りを作りましょう☆

写真は盆踊りの風景です、夜なのでちょっと暗めですが・・・

こんにちわ、フジジンブログスタッフですヽ(^。^)ノ
3連休はお楽しみいただけましたか?



突然の雨がありましたが比較的晴天で、よい連休になったのではないでしょうか(^^)


弊社の本社があります臼杵市では『臼杵祇園祭りが7月12日より開催されております。祇園と言えば京都や福岡が有名ですが、各地でも祇園祭は行われています!



地元では、祇園様と呼ばれ、日田祇園祭、中津祇園と並んで、大分の三大祇園祭のひとつに数えられています。


平成20年3月28日に大分県の無形民俗文化財に指定を受けています。



みこしのいきの良いかけ声や山車の勢いのよい走りは圧巻です。


ご興味のある方は是非臼杵までお越しください。



開催期間:

2013年7月12日〜 7月20日
備考:
曳出 (ひきだし)7月12日(金)20:20〜
渡御 (おわたり)7月14日(日)12:25〜
還御 (おかえり)7月20日(土)14:30〜
Copyright (C)2015 FUJIJIN Co,.Ltd. All Rights Reserved.

Powered by AliveCast