よくあるご質問

安全を保障する取り組みについて

IPハンドリングとは何ですか?

改正JAS法に基づく品質表示基準(案)では、遺伝子組換え農作物と非遺伝子組換え農産物を生産・流通及び加工の各段階で混入が起こらないように管理し、そのことが書類などにより証明されていることを言います。

このページの上部へ

IPハンドリングにはマニュアル等は存在するんですか?

分別生産流通管理については混入の可能性があるチェックポイントについて社会的検証に有効な管理方法、管理主体、記録、確認主体、証明書を示した(財)食品産業センターが作成したマニュアルがあります。

管理主体及び確認主体…生産から製造までの各段階において、分別管理を行うものを管理主体としています。
管理主体が分別管理を行ったことを確認し、証明するものを主体とします。管理主体が確認主体となる場合があります。


証明書…生産から製造までの各段階における確認主体は、管理主体が分別管理を行った旨の証明書を発行します。各段階における証明書発行者は輸入業者を除き、前段階までの証明書のコピーを事故の証明書に添付して、次の段階の証明書発行者に送付します。輸入業者は、上記証明書のコピーに替えて海外における管理を一括した証明書を発行します。


記録書類等…各段階における管理主体は、証明書の証明内容を担保する管理内容等の記録書類等のを残すことが必要です。ただし、これらの記録書類は膨大な量となるため、確認主体が前段階までの全ての記録書類などを保管したり、添付する必要はありません


保存期間…各証明書及び各段階での記録書類等の保存期間は最低2年間必要です。


富士甚醤油はIPハンドリングのガイドラインに添って管理し、必要な書類等を保持しています。


このページの上部へ

トレーサビリティとは何ですか?

物の流れる経路を生産段階から最終消費あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいいます。日本語では追跡可能性とも呼ばれています。

このページの上部へ

トレーサビリティが求められるようになった理由は何ですか?

食品の安全に関わる問題発生に備えるため、また表示の信頼性を高めるために
トレーサビリティが注目されています。例えば、食中毒が起きた場合にトレーサビリティシステムを取り入れていた場合を例にあげます。

(例)とあるA小売店で食中毒が発生しました。小売店は以前にも食中毒が発生しその時は原因が何か分からずしまいでした。同じことを繰り返さないようにトレーサビリティシステムを導入しました。

トレーサビリティシステムを導入したことにより、A小売店では生産地から小売りに商品を出すまでの経路が明確となり、迅速な対応をとることができるようになりました。さらに、お客様から商品の原産地などお問い合わせが来た時も、瞬時に回答ができるようになりました。

このページの上部へ

食品のトレーサビリティとは何ですか?

生産、加工および流通の特定の一つまたは複数の段階を通じて、食品の移動を把握できることをいいます。

一つの段階、例えば加工段階で、原料が製品になるまでの間で食品の動きが把握できることもトレーサビリティであり、このことを『内部トレーサビリティ』と呼びます。

それに対して、たとえば、生産から小売りまでのように複数の段階を通じて食品の移動を把握できることをチェーントレーサビリティといいます。

このページの上部へ

トレーサビリティ導入の目的とは?

目的の例
1.食品の安全確保を助ける
2.情報の信頼性を高める
3.業務を効率化させる

多くの場合1〜3の目的は同時に追求されることとなりますが、品目の特性やフードチェーンの状態、対応の必要な問題、消費者の要望によって、各項目の優先順位は異なります。トレーサビリティの構築にあたって、取組主体はこれらを考慮してどのような目的に重点をおくかを定めることが必要です。

また、トレーサビリティの目的の明確化とともに、トレーサビリティの対象とする範囲を明確にすることが重要です。
※弊社の全商品はトレーサビリティシステムを採用して製造・流通・販売を行っております。


参考文献:ブックレット「ゼロからわかる 食品のトレーサビリティ」
参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3_(%E6%B5%81%E9%80%9A)

このページの上部へ

お探しの質問が見つからない場合は下記よりお問い合わせください

お電話・FAXでのご意見・ご質問

  • フリーダイヤル:0120-37-5900
    受付時間 / 平日8:30〜17:00(土・日・祝祭日を除く)
  • FAX:0972-63-2654
    (24時間受付)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム
Copyright (C)2018 FUJIJIN Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Powered by AliveCast