フジジンのこだわり

受け継がれる味

受け継がれる味

久々に食べる、実家の味をおいしいと思う。小さいときから食べ慣れた味だから、それはごく当たり前のことかも知れません。

しかし、そこには家族を想う、母親の愛情が入っているのも間違いありません。

そんななつかしい味、いつもとかわらない味を守るため、フジジンは100年以上続く伝統の技術で、しょうゆ、みそをつくり続けています。

そして、いつもとかわらない味を作り続けるために、新しい技術への挑戦もおこたりません。しょうゆの製造工程においては2つの特許を取得しています。

かわらないのは、常にかわっているから。

フジジンは家庭で代々受け継がれる味をこれからもつくり続けます。

伝えたくなる味

伝えたくなる味

手間のかかる料理をカンタンに作りたい、商品を使い切る時までおいしく食べたい、お店で食べたあの味を作りたい、フジジンはそんな希望を叶えてきました。

伝統の技術で作られるしょうゆ、みそをベースに、昭和43年には九州で初となる「焼き肉のたれ」を発売。現在のように加工食品がたくさんある時代ではなく、 世の中にあまり知られていない商品を売るのは、とても大変なことでした。

その後も、しっかりだしの入ったみそ、混ぜ込むだけの鶏めしの素、あえるだけのかんたんもやしのたれなど、その時々のニーズにあった商品をつくってきました。

おいしいのにカンタン、そんな商品は、誰かに教えたくなる。そんな効果もあって、クチコミで好評いただいている商品も多数あります。

忙しくても家族に喜ばれる食事を作りたい、そんな想いをフジジンはお手伝いします。

安心できる味

安心できる味

家族が食べるものだから、安心できるものを。食品の安全性への関心も年々高まっています。

「無添加」「国産素材」など、味だけでなく、安心できる原料を使用した商品づくりにもフジジンは取り組んできました。

平成15年に醤油工場で「ISO9001」、平成21年に加工食品工場、平成27年に味噌工場で「ISO22000」の認証を受けました。

また、原料がどこから来たか、さかのぼって調べることができる、トレーサビリティシステムの導入も行っています。

毎日に「安心」をお届けしたい。家族の温もりや食卓を守りたい。愛情と感謝をたくさん込めて、これから先も、フジジンは日本の食卓をずっと支えていきます。


Copyright (C)2017 FUJIJIN Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Powered by AliveCast