社員紹介 - 営業職

  • 彌田 佳子

    営業職2017年中途入社/
    福岡支店

    彌田 佳子Yada Yoshiko

    主要取引先:主にコンビニエンスストアや、食品製造企業向け商品の提案など

    仕事内容を教えてください

    取り扱う製品は味噌、醤油、加工調味料に加え、菓子用粉を提案することもあり業務は多岐に渡ります。

    家庭用製品と違い、業務用の製品が店舗に直接並ぶことはありませんが、食べて頂くすべての方にとってご満足頂ける製品を提供出来るように日々努力を重ねています。

    入社を決めた理由は?

    私は人と接することは自身を成長させてくれるものだと感じており、また、初対面の人とも気軽に接することができる性格であることから、最初は接客業を中心に仕事を探していました。

    しかし、職業紹介所に通う中で、担当者の方が私の適正を見て現在の職場を紹介して頂いたことがきっかけとなり、採用試験を受けることになりました。

    地元企業であり、また面接の時から、ものつくりに対する熱い社風にひかれ入社を決意いたしました。

    印象に残っているエピソードは?

    入社して半年が経った頃、食肉加工所のお客様から豚肉を使用したメニューと調味液を開発してほしいとの依頼がきました。

    一般的には、商品の開発は製品の大まかなコンセプトやビジョンが決まっており、その商品に対する調味液を開発することとなりますが、今回の件は原料が決まっているだけで、一から製品の開発に当たらなければならい状況でした。

    何から取り掛かってよいのかわからず戸惑いましたが、アイデアを求めて食の専門店を食べ歩くことから始めて見ました。時には、飲食関係の知り合いに相談して知恵をお借りしながら、試行錯誤を繰り返しようやくご満足頂けた商品を開発することが出来ました。

    残念ながら、製品として販売することはできませんでしたが、商品を一から作ることの難しさや厳しさ、一方で楽しさも教えてもらいました。この取り組みで得られた知識や経験、人的なつながりは今の業務に生かされています。

    これから挑戦したいことは?

    今後、私が取り組みを行いたいことは2つあります。

    まず一つ目は、食文化を通じた「おおいた県の産業振興」です。

    現在、大分県の産・官・学がタッグを組んでプロジェクトを推進している案件があります。取り組みを開始して1年が経ちますが、少しずつ形になってきました。おおいた県産品の農産物を通じ、各産業間の振興、発展につながるような事業を実施、展開して行きたいと考えています。

    次に、業界全体をとりまく「食品ロス」問題の解決です。

    以前あるテレビで、食品ロスをビジネスで解決という特集があり、その取り組みに大変共感をしました。思いを込めて作った製品が無駄に破棄されることは、私たち製造業にとって大変悲しいことであり、企業としても利益を失っていることに繋がります。

    この問題に企業として取り組み、新しいビジネスの形を作っていきたいと考えています。

    一日のスケジュール

    8:00
    出社(倉庫整理)
    9:00
    メール確認、対応処理
    10:00
    打合せ
    13:00
    昼食
    14:00
    打ち合わせ、市場調査
    16:00
    帰社、見積り、資料作成
    17:30
    退社
    案件が立て込んだときは退社時間がすこし下がりますが、遅くても19時頃までには退社出来ているので、プライベートも十分楽しんでいます。